恋活中の女性必見|年上の男性を彼氏にしたほうがいい理由5選

落ち着きがありゆっくりと愛を育みやすい

正直、これに関しては「人による」部分があります。
歳を重ねている人が全員そうだとはいえません。
ただ、傾向とし若い人よりは全体的な落ち着きがある人が多いという傾向は大いに期待できます。

これも人によるのですが、「若い人はあまりにも軽薄な恋愛を求めすぎていて、結婚に対する理解が低い」と感じられる場面は多くあります。
しかし、年代的に結婚を第一に考える必要がない状況とそうではない状況では明確な違いがあって然りです。

婚活をしている時点で、「結婚を前提に」と考えることが多いのですが、それありきになってしまうと本質を見落としてしまう可能性が高まります。
いかに結婚を欲していたとしても、「生涯を幸せに過ごせる相手と結婚する」という前提を忘れず、むしろゆっくりと関係を育むだけの器量を持った年上男性を狙う方法は効果的といえます。

包容力があり甘えやすい

これに関しても、「年上だから包容力がある」と高をくくってしまうことはよくありません。
いかに歳を重ねようとも、包容力に事欠いてしまう男性は大勢います。

しかし、ほとんどの男性は歳を重ねるごとに包容力が高まっていくため、女性にとって居心地の良い環境を提供する能力が身に付きます。

現在は女性が重要な役職に就く状況が増えていますが、それでもなお「女性の幸せは結婚して男性に養ってもらう」という状況を理想と考えている女性も大勢います。
であれば、より生活力に期待できる年上男性をターゲットに据える戦略は間違ってはいません。

エスコート上手

「年上」の定義にもよりますが、たとえば20代の女性が30代の男性と親密になるような状況であれば、同年代の男性よりも上手にエスコートしてくれる期待が持てます。
もし、交際する男性が40代や50代であれば、それこそ一般的なマナーはすべて把握している人がほとんどなので、何不自由ない状態でデートを楽しめる可能性が高いです。

もし、こういった状況を希望しているのであれば、年上男性を恋人候補として見据える選択は非常に効果的です。
ただ、女性が男性に求めることはさまざまなので、「そういうことじゃないんだよなぁ……」と感じる人もいるでしょう。
そういう場合は特に年齢にこだわる必要はありません。
自身が重要視しているポイントを優先しましょう。

経済的にも余裕があり色々な経験をさせてくれる

始めに言っておきますが、年上男性は経済力があるという認識は「幻想」です。
もちろん、歳を重ねるごとに年収が上がっていく状況が多いので、20代よりは30代、30代よりは40代、さらに50代という風に経済力が上がっていく可能性は高いです。
ただ、中には20代で年収数千万円を稼ぎだしている人もいますし、50台になってもなお年収200万円台で生活している人もいます。
「人による」ということを前提に考えましょう。

あくまでも年齢に比例して経済力が向上するという前提にたって考えるのであれば、年上男性は非常におすすめです。
女性として彼氏を選ぶ基準は「見た目」ではなく「甲斐性」という人が多く、それを求めるのであれば十分に選択肢として検討できる範囲です。

その男性と結婚することができれば何よりですが、もしも破局してしまったとしても「女性力」を高める経験という意味では価値があります。
経済的に余裕がある男性と交際して得らえるメリットの一つとして、「良い(裕福な)経験ができる」ということがあります。
それにより、無駄に生活レベルが上がってしまうことは良いとはいえませんが、いわゆる「ランクの高い遊び」を経験しているかどうかは、後々影響してきます。

身体の関係よりも精神的な結びつきが強くなる

これに関しては、「人による」以外に言うことはありません。
若い人でも性欲に執着しない人もいれば、中年でも旺盛な勢力を持っている人もいます。
一般的に男性は30代を過ぎると女性よりも性欲が少なくなってしまうといわれていますが、人によっては60代、70代になっても「絶倫」な人もいます。

そういった意味で、「年上だから体の関係は重要視されない」と考えることは間違いといわざるを得ません。
しかし、“体の関係ではなく、人と人とのつながりを重視できるだけの余裕がある”という点で、年上男性は魅力的です。

「体の関係ありき」で関係を考えるのではなく、長いスパンで関係を考えるだけの人間性と余裕があるからこそ、良い恋愛を経験できる期待は高いです。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

同窓会は出会いのチャンス|昔の同級生と同窓会で恋愛に発展するキッカケとは?

NO IMAGE

30代(アラサー)女性必見|男性にモテる30代女性の特徴や魅力